実は車買取店はあまり丁寧に掃除をしていない

実は車買取店はあまり丁寧に掃除をしていない

中古車ショップなどは、よくホームページで掃除をしておく方が良いとアピールしています。掃除をしておくと、お店に対する印象の良さにつながってくるからです。丁寧に掃除をしておいた姿勢が伝わると、お店からの金額も高くなりやすいと言われています。

 

オークションに流す時に掃除をしていない買取店も

 

ところでそれに対しては、色々な意見があるのです。車の掃除をしておく方が好ましいという意見もあれば、実はそれほど大した問題ではないという意見もあります。
そして車買取り会社の本音としては、実はどちらでも良いようなのですね。掃除をしておく方が印象は良くなるのですが、金額をそれほど大きく動かす要素でも無いのだそうです。
というのも次のようなエピソードがあります。あるお店では、来店客から買い取った車を全て業者オークションに流しています。もちろんオークションで落札をしてもらって、利益を生み出す為です。
そして本来業者がオークションの会場に流すとなると、前述の掃除が必要になってきます。オークションの会場のスタッフの方々が車の状態を見るのですが、あまり綺麗な状態ではないと、金額が下がってしまうケースもあるからです。
ところがある業者の場合は、あまり清掃に力を入れていないのだそうです。その業者は今まで数限りなくオートオークションで車を落札してもらっていますが、今まで一度も車の掃除をした事が無いのだそうです。来店客から買い取った車は、もうそのままオークションの会場に流しているようですね。

 

ではその業者はそれで利益が出ているのかと申しますと、大いに出ているようです。10万円ほどの粗利益が生じる事もありますので、別に掃除をしなくても問題無いというスタイルだそうです。それで今まで多数の車を売却してきているので、今後もその姿勢を変えるつもりは無いようですね。
ですので車の売り手としては、正直あまり掃除に力を入れなくても問題無いと思います。上記のような業者も見られる位ですから、数時間かけて車の掃除をするのは少々もったいない一面がある訳です。
数時間かけて清掃するというよりも、業者の選別の方が大切だと思いますね。業者が違ってくれば、車の買取金額が数十万円ほど違う事もあるからです。清掃をすれば金額が1万円ほどアップするかもしれませんが、それよりも良い業者を探すのに力を入れる方が、金額アップの効率も良いでしょう。
ただし「全く掃除をしなくても良い」という意味ではありません。掃除が皆無なのも、やはり業者に対する印象は悪くなってしまうと思います。ボンネットやガラス位は、掃除をしておく方が良いと思いますね。